3,300円(税込)以上のご購入で送料無料!

その化粧水、“ただの水”かも!?

2020年12月22日

その化粧水、“ただの水”かも!?

スキンケアには欠かせない化粧水。
 
今日は、その化粧水について、
ちょっと衝撃!?の事実をお伝えします。

……と言っても、肌荒れしたり、
何かが起きたりするわけでは
ありませんので、
ご安心ください(^ ^)

知っておくとためになることですので、
ぜひ読んでくださいね。

*  *  *

化粧品のもととなる原料には、
数え切れないくらいの種類があります。

界面活性剤、酸化防止剤、保湿剤、色素、香料など
多種多様な原料を使い、化粧品ができ上がりますが、

大きく分けると、
化粧品のベースを構成するための「基剤原料」と、
効果を出すための「薬剤原料」からできています。


数えたことがないので、
原料が何種類あるのかわかりませんが、
最も多く使われている原料は「水」で間違いないでしょう。

商品に表示されている成分欄を見ると、
だいたい「水」と書かれています。

それも成分表示の一番目に記載されていることが多いです。

化粧品の場合、成分表示は含有量の多い順に記載する
決まりになっています。

「水」は、化粧品にとっても
最も重要な原料と言っていいでしょう。

「水」と言っても水道水ではなく、厳密には「精製水」です。
「イオン交換水」とも言います。

水道水には、塩素の他、マグネシウムやカルシウムなどの
金属イオンが含まれているので、
それらの不純物を取り除いた純粋な真水を使用します。


 

みなさんがふだんお使いの化粧水も大部分が「ただの水」です。
(驚きましたか?)

「ただの水」自体は、肌に何の影響も与えません。

「ただの水」に微量の美容成分や香料を添加するだけで、
化粧水ができ上がります。


ちょっと乱暴な言い方をすると、
95%がただの水、
残りの5%が
水と美容成分を混ぜるための界面活性剤や酸化防止剤、
香料、美容成分などになります。

「これで効果はあるの?」と聞きたくなりますよね。

効果があるように見せるため(?)に増粘剤を入れて
粘り気を出している…なんていう商品も
じつはたくさんあったりします。


……これが化粧水の実体なのですが、
中には「精製水」を使用しない化粧水もあります。

水の代わりに温泉水(〇〇の温泉水とか)や
天然水(富士山の水とかアルプスの水とか海洋深層水)
を使用しています。

これらの「水」には、ミネラルが含まれていたりします。




ネイチャーマジック アルガンヘチマローション」は、
「ただの水」の代わりに、北アルプスの雪解け水で育てた
オーガニックの「100%へちま水」を使用、

「ただの水」を一滴も使っていない
「1本丸ごと美容液」とも言える化粧水です。


アルガンオイルを配合しているので、保湿効果も抜群!

他にも保湿成分として、スクワラン、ホホバ種子油、
オリーブ果実油、コメ胚芽油も配合しています。

さらに、界面活性剤や、シリコン、パラベン、アルコール、
合成色素、合成香料、鉱物油など肌の刺激になる成分は
一切使っていないという、
敏感肌の方にもオススメの化粧水です。

ぜひ、試してみてくださいね!


(代表・間見)




Leave a comment

Comments will be approved before showing up.